読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

スマホとアイフォンの違いについてを全力で説明します!

トレンド テクノロジー

スポンサーリンク

スマホとアイフォンの違いについてを全力で説明します!


何度見ても感動!【ドコモCM】iPhone・iPad「感情のすべて/家族」篇

今回は以下の方をターゲットにブログ書いてます。 * スマホってなんやねん? って方 * アイフォンとかアンドロイドとかよくわかんない人 * そのよくわからない人にスマホとアイフォンの違いについて教えなくちゃいけない人

そんなあなたに私から全力で説明してあげましょう。 アイフォン4からの日本で30パーセント程度にはアーリーユーザーだった私から説明しましょう。 題して「スマホとアイフォンの違いについてを全力で説明します!」

こちらを読んでいただけたならば、あなたはもうスマホとアイフォンの差を見抜くことなんかお茶の子さいさい。 なんなら、アンドロイドもウィンドウズフォンもどんとこいって感じです。 そんなわけでスマホとアイフォンの違いについて知りたい方はぜひ以下ご一読ください。

スマホとアイフォンの違いについて一言で物申すならば

スマホとアイフォンの違いについて一言で物申すならばそれは「果物とリンゴの差」です。

図にするとこんな感じです。

今回の話 たとえの話
大枠 スマホ 果物
一部 アイフォン リンゴ

果物カテゴリーにリンゴは入ってますが果物全部がリンゴってわけではないのです、オレンジもぶどうも果物なのです。

スマホならばアイフォンは十分条件ってやつなのです*1

そしてあなたはささやかに疑問に思うでしょう?

じゃあ、果物のたとえにおけるオレンジとかぶどうって何?? って。

スマホとアイフォンとアンドロイドとウィンドウズフォン

スマホにはアイフォンの他にアンドロイドとウィンドウズフォンがございます。

何が違うかというと、アイフォンがMacとかitunesで有名なアップル社製なのに対して、アンドロイドは検索エンジンで有名なグーグル社です。ついでにといってはなんですが、ウィンドウズフォンはwindowsOSでおなじみのMicrosoftです。

www.google.co.jp

ちなみにスマホのシェアを見てみると、アイフォンが約6割を占めてます、次がアンドロイドですね(機種が様々なのは後ほどご説明します)、ウィンドウズフォンはこう見るとほとんど使われていませんね*2

なので、Microsoftには申し訳ないですが、次はアイフォンとアンドロイドの差について詳しく調べてみましょう。

アイフォンとアンドロイドの差

アイフォン アンドロイド
元締めの会社 Apple Google
OS iOS Android
アプリの質 高め 低め
操作性 高め 低め
カスタマイズ性 不自由 自由
アクセサリー 多め 少なめ
女子高生人気 高い そんなに...

(こちら*3を参考に作成)

アイフォンとアンドロイドの差1(会社が違う)

元締めの会社が違います。先にもお伝えしましたが、アイフォンがMacとかitunesで有名なアップル社製なのに対して、アンドロイドは検索エンジンで有名なグーグル社です。会社が違うことで大きく文化が違います。それが次のOSの話につながります。

アイフォンとアンドロイドの差2(OSが違う)

OSというのはコンピューターを動かすためのソフトウェアのことです*4。とはいってもここではそんなに深い理解は必要ありません。理解すべきことは 1つです。

iOSはAppleがひっそりと開発するクローズドってスタンスをとっているけれど、アンドロイドはGoogleが好きに使っていいよーっていうオープンなスタンスをとっていることです。それが次の話につながります

アイフォンとアンドロイドの差3(操作性が違う)

iOSみたいにクローズドにすることのメリットは一貫性を保てるってことです。だからアイフォンのデザインは統一性があって美しいのです、そして操作性にも一貫性を帯びてきます。

たいして、アンドロイドみたいにオープンだと自由にみんなが作業者になれます。その分いろいろな人が開発に携われるのですが育ってきた環境が違うから操作性にも一貫性がなくなっちゃいます。

ただ、オープンな開発も悪いことばかりではないのです。それが次のカスタマイズ性に関わってきます。

アイフォンとアンドロイドの差4(カスタマイズ性が違う)

オープンな場だといろいろな人が触れます。携わる人が多いといろいろといいアイデアが生まれます。

その地域ごとのカスタマイズもしやすいです。そんなわけでカスタマイズのしやすさだとアンドロイドに軍配が上がります。ただね、それ諸刃の剣なんですよね。

アイフォンとアンドロイドの差5(アクセサリーの数が違う)

アンドロイドはカスタマイズできちゃう分様々な大きさの機種が生まれます。 そうするとどこに焦点を合わせるべきかというのがぼんやりしてしまいます。結果ひとつに機種に対してはあまり多くのアクセサリーを作ることができません。だって、その機種の大きさに合わせたアクセサリーが売れなかったら、アクセサリーメーカーさんとても嫌ですからね。

対して、アイフォンは統一性があります。なので、アイフォンの大きさは原則数種類です*5。なので、アクセサリーメーカーもこちらの方がアクセサリーを作りやすくなっています。

アイフォンとアンドロイドの差6(女子高生の人気が違う)

アクセサリーが豊富かどうかを重要視するのは女子高生です。そんな理由もあって女子高生人気はアイフォンの方が圧倒的に高いです。 *6

その他のアイフォンとアンドロイドの差について

たとえば気になることとして、値段の差やスペックについてきになる方もいるでしょう。 値段についてはこちら、スペックについてはこちらが参考になると思います。

スマホとアイフォンの違いについてのまとめ

今回はスマホとアイフォンの違いについて記載した後で、スマホの代表として、アイフォンとアンドロイドについて比較していきました。

ぜひ、こちらの記事があなたのお役に立ったならば嬉しいです。

スマホとアイフォンの違いについての参考書籍

アップルの現状を知りたいなら

アイフォンをこちらの文面では絶賛しましたが、悪い面も当然あるんですよ。

アップルのカリスマ経営者ジョブスについては以下がオススメ

グーグルについて知りたいなら