読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

読書初心者におすすめの小説10選

スポンサーリンク

読書初心者におすすめの小説10選

本文は読書初心者に向けたおすすめの小説案内です。

ぜひ以下で紹介する書籍を読んでいただきたく綴っています。

私、社会人です。社会人時間ないです。忙しい昼に白昼夢で時間のあった学生時代を思い出して、「あー喫茶店にこもって1日中読書してー」なんて思う訳です。学生時代には金と友達はないのに時間あったものですから、ひたすらに本を読むということに時間を費やしました。私の通っていた学校は新設されたばかりで、図書館には書籍があまりない状態でした。そこで購入依頼を出しては買ってもらうというのを軽く100回は繰り返しました。結果、学校側に「もう勘弁してくれ」と言われました。仕方がないのでそこから本屋でバイト始めたりもしました(当時は時給700円代と拷問的な安さだったと記憶しています)。そんな私も社会人になり、環境変化もあって大半のことを忘れてしまっている訳ですが、それでも「あの本めっちゃくちゃ面白かったなー」っていう書籍は何冊かあるんです。

そういったわけで、今回は学生だった5年前に読んで忘れずに覚えているぐらい面白い小説を10冊ほど紹介させていただきます。

私のニワトリ頭でも長期で面白さが残っているぐらいですからきっとあなたの脳みそにラーメン二郎ばりにあふれんばかりの面白さを提供することでしょう。

老若男女問わず面白い小説を読みたいと思ってらっしゃる方、ぜひとも以下ご一読いただけたら嬉しいです。

読書初心者におすすめの小説10選の目次

読書初心者におすすめの小説10選1(海堂尊 チームバチスタの栄光)

東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。

タケルはね、やばいよ。

下巻の頭でとりあえず1びっくりありますよ、作者もびっくりされたと何かで書いてありましたが。

当時大学近くのツタヤで薄い書籍の上下巻を見て、なぜ一冊にしてくれないのかとだいぶ恨みました。出自はちょっと失念してしまいましたが海堂尊さんのエッセイにて出版社側ののっぴきならない事情があったと知りました。

社会に訴えたいことありきでの構成や洒脱な文章、医局における複雑な人間関係など本当に面白いです。

正直、森博嗣さんの世界にハマれなかった私ですが、海堂さんの世界にはどっぷりはまってしまいました。

シリーズ物ので人間関係の相関図を独自につくるのもおすすめです。

チームバチスタ、映画化、ドラマ化もされてますよね?

読書初心者におすすめの小説10選2(重松清 疾走)

広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔をだしながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込まれる……。十五歳の少年が背負った苛烈な運命を描く奇跡の衝撃作!

表紙がね、まず怖い、夜、本棚見たときに絶対に目を合わせたくない。

読んだちょい前に直木賞取られてるんですよ、重松清さん。父親が好きな作家らしくって読んでみようと思って、なんでこれ選んだのかっていうと、その理由までは失念してしまいましたが。

文体がね、ほんと「わーっ」と駆けていくような文体なんですよ。なので、上下巻で結構な分量なんですが、時間と体力があれば一日で読めます。

タイトルが本当に見事でまさに読後感は「疾走」です。

ぜひとも読書をおすすめしたい小説です。

読書初心者におすすめの小説10選3(貴志祐介 新世界より)

ここは病的に美しい日本(ユートピア)。子どもたちは思考の自由を奪われ、家畜のように管理されていた。手を触れず、意のままにものを動かせる夢のような力。その力があまりにも強力だったため、人間はある枷を嵌められた。社会を統べる装置として。1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖(かみす)66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄(しめなわ)で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力(念動力)」を得るに至った人類が手にした平和。念動力(サイコキネシス)の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。

上下巻の書籍、2冊紹介しておいてなんですが、こちらはだいぶ分厚い文庫3巻です。

主人公を介して、小説世界の真理が明らかになっていきます。いろいろ学園ものらしいエピソードであったり、BL好きも満足できるような恋愛模様があったりします。それも含めて壮大なエンターテイメントです。アニメ化もされてますが、作中に出てくる気持ち悪い生物やアクションは文章から脳内で再現されることを強くお勧めします。作者の生物に対する知見がものすごいんですよ、この小説。

なお、こちらのおすすめ小説を読書していただいて魅力に感じたのならば、悪の教典やクリムゾンの迷宮もぜひ読まれることをおすすめします。

めちゃくちゃ想像力の広がる良質な読書体験ができるおすすめの小説です。

読書初心者におすすめの小説10選4(桐野夏生 グロテスク)

名門Q女子高に渦巻く女子高生たちの悪意と欺瞞。「ここは嫌らしいほどの階級社会なのよ」。悪魔的な美貌を持つニンフォマニアのユリコ、競争心をむき出しにし、孤立する途中入学組の和恵。ユリコの姉である“わたし”は二人を激しく憎み、陥れようとする。圧倒的な筆致で現代女性の生を描ききった、桐野文学の金字塔。

佐々木俊尚さんが絶賛していたのが読書するきっかけでした。

読んだ当時、理系ばっかりの単科大学に属してたものですからこういう世界にびっくりするほど疎かったんですよね。この小説もそこそこの長さですが、一気に読めます。読後感はあまり良くないかもしれませんがそんなのは瑣末なことです。

なお、桐野夏生さんが気に入られたら、次はアウトとか読まれることをおすすめします。

こちらも良質な読書体験ができるおすすめの小説です。

読書初心者におすすめの小説10選5(乙一 暗いところで待ち合わせ)

視力をなくし、独り静かに暮らすミチル。職場の人間関係に悩むアキヒロ。駅のホームで起きた殺人事件が、寂しい二人を引き合わせた。犯人として追われるアキヒロは、ミチルの家へ逃げ込み、居間の隅にうずくまる。他人の気配に怯えるミチルは、身を守るため、知らない振りをしようと決める。奇妙な同棲生活が始まった―。書き下ろし小説。

乙一さんもともと16歳で小説賞とったことがあって、めちゃくちゃに才能があふれてるんですよ、繊細な感情綴るのは群を抜いてデビュー作からうまいわけです。でね、その人がシナリオライティングなんて小狡いスキル身に着けたもんだからもうずるい、最強なんですよ。

そんな最強なエンタメ小説が暗いところで待ち合わせです。

暗いところで待ち合わせを評するのに禁じ手な単語使うと「切ない」の一言になってしまいます。

もうこの小説、ミステリーでネタバレ禁止なのでいろいろ言っちゃいけないのです。それ以上言えないので「いいから黙って読書しなよ」な傑作です、おすすめです。

読書初心者におすすめの小説10選6(滝本竜彦 NHKにようこそ)

自分のひきこもりの原因にはある陰謀が絡んでいると信じ込んだ佐藤達広。彼はその陰謀に対峙することを決意する。そんな達広の前に現れたのは、日傘を差した清楚な美少女だった。彼女はなぜが、達広につきまとい始めて…。

引きこもり童貞作家、滝本達彦さんのピークですね、こじらせ感の大爆発が文章にほとばしっていてめちゃくちゃに面白いのです。作者この作品の印税で糊口を凌いでるんじゃないかと思いますのでぜひ買ってあげてください。

こちらの書籍も本当に読書している間べらぼうに楽しい気分にさせてくれるおすすめ小説です。

読書初心者におすすめの小説10選7(道尾秀介 ひまわりの咲かない夏)

夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

絶対に二度読みしたくなる小説みたいな感じで紹介されていて「絶対に驚かねーかんな、二度読みしねーかんな」で、「わーお!!」ってなってしまった道尾秀介さんの傑作。これもミステリーなんで深堀できないので、さっさと読んで「わーお!!」ってなってみてください。

読書中、何度も「わーお!」ってさせてくれるおすすめ小説です。

読書初心者におすすめの小説10選8(西澤保彦 人格転移の殺人)

突然の大地震で、ファーストフード店にいた6人が逃げ込んだ先は、人格を入れ替える実験施設だった。法則に沿って6人の人格が入れ替わり、脱出不能の隔絶された空間で連続殺人事件が起こる。犯人は誰の人格で、凶行の目的は何なのか?

これ、設定だけで、孫悟空ばりにワクワクできないですか?そう設定だけで驚いたんですよ。そして二回転半の宙返り決まって綺麗な着地です。例によって、ミステリーなので深くは踏み込めませんが、新しい読書体験ができるおすすめ小説です。

読書初心者におすすめの小説10選9(森見登美彦 四畳半神話体系)

私は冴えない大学3回生。バラ色のキャンパスライフを想像していたのに、現実はほど遠い。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。いっそのこと、ぴかぴかの1回生に戻って大学生活をやり直したい!さ迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、滅法おかしくて、ちょっぴりほろ苦い青春ストーリー。

学生時代まさに自分の境遇と重なっててもう感情移入しまくりの小説です。

森見さん、デビュー作の太陽の塔 (新潮文庫)でもそうなんですが、文体が非常に魅力的なんですよね。加えて、構成の見事さがこの小説では光ります。

そういえば、この話、アニメ化もしてましたね。

絶対に読書しておきたいおすすめの小説です。

読書初心者におすすめの小説10選10(三島由紀夫 金閣寺)

一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇……。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。

最後にして、毛色チェンジして申し訳ないのですが、三島由紀夫の金閣寺はね、読んでおいたほうがいいです。

正直、春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)は途中で頓挫した人間なんです。でもね、金閣寺はなんとか読める(「南泉斬猫」とかちょっと情緒不安定になるくらいには難解ですが)。

それでいて、変態。小説を読む醍醐味は変態を頭に仮想でインストールできることにあると思うのです。それを体験出来る小説。これ読んで京都の嵐山ぜひ行ってみてください。修学旅行とは違った目で金閣寺見れますから。

死ぬまでに絶対に読書しておきたいおすすめの小説です。

読書初心者におすすめの小説10選のまとめ

今回は読書初心者におすすめの小説10選と題しておすすめの小説を記載させていただきました。いかがだったでしょうか? 金閣寺を紹介する際に少し記載しましたが読書の醍醐味はなんらか異常な人(じゃなきゃ小説に記載されない)を観察して自分の中に取り込めることにあると思ってます。いい変態を読書して、インストールしてあなたの人生が豊かになることを心から願っております。