KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

おすすめ漫画「花と天秤」ネタバレなしでおっさんが書いた感想

スポンサーリンク

おすすめ漫画の花と天秤、ネタバレなし感想

だいたいこんな感じの人に向けて今回の記事は書いてます。

  • 一巻読みきりのおすすめ漫画を探している
  • 少女漫画に抵抗がない人全般
  • しっとり爽やか漫画読みたい

そんなあなたへ「花と天秤」という漫画がべらぼうに良かったんで、こちらをネタバレ抜きで紹介したいと思います。

おすすめ漫画の花と天秤のあらすじ

主人公は甘利羽衣子ちゃんって女の子です。

f:id:kimura511:20160131211427p:plain

この子は田舎の公立中学にバス通勤で通っているのですが、行きの時間に貧血で倒れてしまいます。

そんな彼女を助けてくれたのが須玉先生という理科の先生です*1f:id:kimura511:20160131211810p:plain

須玉先生が気になりはじめる羽衣子、その気持ちは一体どこに行くのかというのが、おっさんがおっさんなりにいろいろ配慮した結果のあらすじです。

おすすめ漫画の花と天秤の感想

まずね、構成がすごくいいの。

f:id:kimura511:20160131212147p:plain

見てこの構成、作者の羽柴麻央さん、少女漫画にそんなにゆかりのない私は初めて読んだんですが、1990年代から作品発表されてるベテランさんなんですよね*2

なので、すごいきっちり構成されているのです、手練れてるのです。四季に合わせて変わりゆく風景と羽衣子の心を見事にマリアージュさせてて感服しました。

あとね、キーホルダーとか靴下とかマドレーヌとかね、それらがすごいいい小道具に小道具になってるんですよ*3

普通に考えたら田舎の中学の女の子が異性の先生気になるなんて、すごいありきたりな展開もうお腹いっぱいじゃないですか? どっこい、なんでこんなに面白くしてしまうのか? 三ツ星料理人がありきたりな素材でべらぼうに美味しい料理を作る感じでした。汚れちまったおっさんだと「どうでもいいよねーそんなこと」みたいなことも中学1年生の女の子からすると大事件なんです。本当に心洗われてしまいましたよ。

そして、羽柴さんの絵は、万人に好かれるような絵なんじゃないですかね? 男性としてものすごく可愛いイラストだなーと思いつつ、性的ないやらしさをあまり感じさせない、それこそこの漫画のテーマにふさわしいすごく爽やかで繊細な絵柄です。

あとね、最後、花と天秤の意味がぼんやりしっくり来るのがこの作品の良さです。なんでしょうね?

花がパッと咲くように心に芽生える何かと天秤が釣り合うようにふさわしいかの自問自答みたいなのが感じたところです。

そして、嵯峨先生が自分はすごい好きでした。すごいいい味出してます。この人に中学時代担任になって欲しかった。

おすすめ漫画の花と天秤のまとめ

今回は一巻で読み切れるおすすめ少女漫画「花と天秤」の感想をネタバレなしでおっさんなりに書いてみました。

すごい、心洗われちゃいましたよ。「好きな人と話すときってドキドキするよね」ってその感情、実感のクローゼットのどこにしまったっけなって感覚を思い出させてもらいました。

読者想定されている思春期の少女、広くは女性はもちろんのこと、汚れちまったおっさんが読んでも楽しめる漫画ですので、ぜひ読んでみてください。

*1:ネタバレをしないというスタンスをとっているので須玉先生がどんな顔かは本編でご確認ください

*2:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%BD%E6%9F%B4%E9%BA%BB%E5%A4%AE

*3:靴下についてはタイトルにある「天秤」と2対があることで役割を果たすことから似たような意味合いなんじゃないかなーと思って興味があります