読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

記憶力アップしたいあなたに教える簡単で効果的な3つの方法

生活 テクノロジー

スポンサーリンク

記憶力アップしたいあなたに贈ります

f:id:kimura511:20160228215200j:plain

本ブログは記憶力アップしたい人に向けた記事です。具体的には英単語・あるいは日本語の単語をなんらかの形で覚え、なんらかの形で道具を使ってアウトプットすることが必要な方を想定して書いています。その昔、私が高い2万円弱支払って受講したセミナーや数々のブログや書籍を読んで試してみて選りすぐった今回ご紹介する3つの方法を用いれば*1、飛躍的に記憶力が上がることをお約束いたします。それではこれから3つの方法をご紹介したいと思います。

記憶力アップのための具体的な方法3つ

具体的には以下3つです。

  • 自分クイズのためにスマホのリマインダーを使う
  • 紐付けをするために筆記具に印をつける
  • 画像として記憶するためにグーグルでイメージ検索する

それぞれの方法について具体的に見ていきましょう。

自分クイズのためにスマホのリマインダーを使う

ご存知でしょうか? エビングハウスの忘却曲線。 f:id:kimura511:20160228195953p:plain こんな曲線のやつです。 記憶術系の本を読んだことがある方はほぼ読んだことあると思います。 ざっくりおさらいすると、

人は、
20分後には、節約率が58%しか
1時間後には、節約率が44%しか
1日後には、節約率が26%しか
1週間後には、節約率が23%しか
1ヶ月後には、節約率が21%しか
覚えてない

という研究結果です*2

だから一回どっかのタイミングで思い出すことで記憶を蘇らせる必要があります。ただ、記憶するためにいちいちそのために記憶力使うのもったいないです。だから使っちゃいましょう、便利な文明の利器を使っちゃいましょう。具体的にはあなたのスマホに入っているリマインダー機能です。おすすめはevernoteです。

evernoteの使い方、何か思いついたことメモに残して、出先のPCでみるって方法でしか使われてないかと思いますが、リマインダーもあります*3

そして、もう一つ、ゲームフィケーションという概念がひと昔前に流行りました。めっちゃざっくりいうと「課題の解決や顧客ロイヤリティの向上に、ゲームデザインの技術やメカニズムを利用する活動全般」のことです*4。今回の課題は「記憶できないこと」です。それをゲームデザインを使って解決しましょう。といってもなんのことはありません。もっとも簡単なゲームの一つクイズにしてしまえばいいんです。

というわけで具体的なステップです。evernoteに限らず、以下のステップを行っていましょう。

  1. 記憶したい事柄の解答編をまとめてどっかに記録しておく(すごい簡単な例で言うと「abstract=【抽象的な】って意味」とどっかに記載)
  2. 問題編をリマインダーに貼り付けて(「abstractってどういう意味だ?」)、リマインダーを都合のいい時間にセット*5
  3. 自分でセットした問題編に答える、答えられなかったら再セット!

これを気の済むまで行ってみてください。

これが記憶力アップのための効果的な方法1「自分クイズのためにスマホのリマインダーを使う」です。

紐付けをするために筆記具に印をつける

パソコンには補助記憶装置あるいは二次記憶装置というものがあります。厳密ではないかもしれませんが、ざっくりというと、主記憶が覚えきれてないものを覚えとくための装置です。

これを人間に応用しましょう。これの最たるものがカンニングペーパーと呼ばれるものです。ただ、それやると受験資格失います、あるいは単位落とします、社会的信用落とします。よくないです。

そこで、代わりに行いたいのが、「モノに紐付けての記憶」です。

具体的には筆記具を外部記憶装置にすることなんです。例えば、みんな使ってる筆記具のドクターグリップを例に挙げてみましょう。

例えば、さっきと同様に「abstract=【抽象的な】」の例でいくと、ノックの部分にドクターグリップって穴あいてるじゃないですか?

それに対して、「穴という概念はanaでaで始まってる、そして、具体的じゃない→abstractは抽象的」みたいな紐付けをごりごり行ってみてください。

この方法を改めてまとめると、

  1. 適当なアイテムを準備(可能ならばパイロット シャープぺン ドクターグリップピュアホワイト HDGPW80R-SL ソフトブルーのような要素のたくさんあるものが望ましい)
  2. 記憶したいものをリスト化
  3. 実際にアイテムを取りながら、そのリストと照合していく

これが記憶力アップのための効果的な方法2「紐付けをするために筆記具に印をつける」です。

画像として記憶するためにグーグルでイメージ検索する

人はイメージ化によって記憶を強化してます*6

しかし、なかなか言葉をイメージ化するのは骨の折れる作業です。

そこで、グーグル先生に助けていただきましょう。グーグルには単語検索の他にイメージ検索というものがあります。これ、利用しないわけにはいかないでしょう!

というわけで具体的な方法の提案です。

  1. 記憶したい単語をまず意味を調べておく
  2. 次にイメージ検索をかける
  3. そこで目に付いたものを幾つか単語と紐付けする

これが記憶力アップのための効果的な方法3「紐付けをするために筆記具に印をつける」です。

記憶力アップのための具体的な方法3つのまとめ

具体的には以下3つです。

  • 自分クイズのためにスマホのリマインダーを使う
  • 紐付けをするために筆記具に印をつける
  • 画像として記憶するためにグーグルでイメージ検索する

これらの方法であなたの記憶力アップにつながったら嬉しいです。

記憶力アップのための具体的な方法3つのおまけ

記憶力アップを楽しんでしたいなら、こちらのゲームがオススメですよ!

記憶力アップ目指すはこの域です!

筆記用具に印つけるなら圧倒的におすすめなアイテムです

*1:もともとこれらの方法を用いていない限り

*2:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%98%E5%8D%B4%E6%9B%B2%E7%B7%9A

*3:ちょっと古い記事ですが具体的な設定方法はこちらが参考になるかと思います

*4:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

*5:根拠はないですが寝て起きて頭がすっきりしてる朝とかオススメ

*6:[例えばこんな論文]http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/29224/1/36_P227-237.pdf