読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

映画「her-世界でひとつの彼女-」のネタバレなし感想

スポンサーリンク

herって映画を見たのでご紹介

今回は、映画「her-世界でひとつの彼女-」のネタバレなし感想です。最近、人工知能について非常にニュースになっていますよね? その先駆け的な映画がこちらになります。人工知能についていろいろと調べたあとに見たために技術的な周辺情報も割合詳しく記載させてもらっています。ご興味ある方は以降の記事をお読みください。

herを見たモチベーション

最近、人工知能って熱いですよね? ディープラーニングやらなんやらでひょっとしたら今までコンピュータにできなかった事が出来るようになっちゃうかもって事で、人工知能が人間ばりに賢くなり、世の中変わっていくその特異な時点(シンギュラリティー)が2045年頃に起こるんじゃないかって言われています。自動運転車とか実用化にどんどん近づいてますしね。

そんな近未来を舞台にしたお話ということでこの映画を見てみることにしました。

herのざっくりとしたあらすじ

herのざっくりとしたあらすじを記載します。

まず主人公ですが、離婚調停中のメガネの中年男性セオドアです。職業は手紙のライターさんです。仕事は優秀で都市を一望できるビルに暮らせるぐらいに裕福なのですが、仕事も最近楽しくない。帰宅後、一人ゲームをしたりとどうにも孤独が埋まりません。かといってパートナーを紹介してもらおうにも、なかなか都合のいい人間のパートナーが見つからず。そこで出会ったのが人格をもったOSのサマンサです。気難しいセオドアですが、次第にサマンサと打ち解け合っていきます。そして愛し合うのですが、なにせ人間とOSですから障害はいっぱいです。彼らの愛は果たして成就するのか?

ざっくり言うとそんなお話です。

herの見どころ

何と言っても近未来的な描写ですね。多分、こんな風になっていくんだろうみたいな近未来がリアルな描写で盛りだくさんです。また、この映画をみるきっかけの「人工知能」との対峙の仕方について一つの見解を与えてくれるところです。先にご紹介したtedの人工知能の動画がありますが、人並みあるいはそれ以上に賢い人工知能が現れた場合、人間と人工知能の「支配/服従」の関係は成り立たなくなっていきます。その際に人工知能とどう向き合うの? っていうのを考えさせてくれるのにいい映画だなと思いました。たとえばこちらの記事に記載させてもらいましたが、人間関係があったほうが人間の満足度は高いんですよね?

www.kimura511.com

孤独を人工知能で補うことができるのか? みたいなことを考えました。

herって映画の感想のまとめ

それではまとめます。herって映画は人工知能という話題のトピックの映画でした。すごくゆったりとしたテンポで進むので多少退屈するところもなくはなかったですがそれでも非常に面白い映画です。なお、amazonプライム会員だと無料で見れます。ぜひ見てみてください。

おまけ

herをみて人工知能について知りたいなと思ったらオススメの書籍・動画です。

おすすめの書籍

人工知能であったり、ロボットの問題を取り扱っている漫画です。

人工知能について初心者にもわかりやすく書いてある学術書です。

おすすめの動画

人工知能にクイズの勝負を挑まれたクイズ王のスピーチです。

人工知能ってポエムがかけるのか? って問いかけの動画です。