読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

ブログ初心者が記事を書く時に特に大事にした方がいいこと3つ

スポンサーリンク

ブログ初心者が記事を書く時に特に大事にした方がいいこと3つ

お読みいただきありがとうございます。本ブログ2015年の11月から始めて以来、こちらの記事をもって100記事目になります*1

そこで今回は100記事書いてきて続けるのに大事だなーと思ったことを3つ記載したいと思います。 たとえば、はてなproにしちゃったけど、ブログ全然更新してねーよとか、そんな方にぜひこちらの情報活用していただきたいです。

とにかくなんでもいいので言葉にしてみる

こちらの書籍で非常に参考になったのですが、とにかく書いてみるのが大事です。特にブログ初心者はうじうじいろいろなことを考えがちです。考えて頭の中でアイデアを堂々巡りさせて、消費するより、とりあえず、箇条書きでもいいので言葉にしてみましょう。

そして、自分が何を言いたいのか考えてみましょう。いまいちなら、下書き保存にしてしまえばいいんです。そしたら、案外と後日使えるネタになるかもしれないんです。

とにかく言葉にしてみる、大事なこと1点目です。

アンテナを張りまくる

ブログ記事にアウトプットするには、インプットが必要だというのが私の主張です。そして、インプットって時間かかるのでサクサクいきたいところなんです。

www.kimura511.com

こちらの記事で紹介したのですが、feedlyめちゃくちゃ便利です。それまで、お気に入りに幾つかのページを登録してそれを見にいくという方法をとってました。それ、更新されてないページ見て思わず、舌打ちしちゃうので、能率悪かったんですよね。これが、feedlyを使うことで容易に解決できました。feedly使って、気になったページをガンガン登録、暇な時に見て、ブログネタになりそうなものはすぐにブックマークされたらいいと思います。

そこからネタを作っちゃいましょう。

知らない情報ではなく、知ってる情報のプラスαを書く

言い換えるならば入り口をちゃんと用意しとこうね、って話なんです。

具体的な例をあげましょう。

私の失敗したなと思う記事に以下の記事がありました。

www.kimura511.com

こちらの記事最初タイトルに「昭和元禄落語心中」を入れてなかったんですよね。つまり、

「お前ら暇だろう、《新宿 土曜日》あたりで検索しちゃったらこのブログ見てくれんだろう? あぁ?」

ぐらいな高慢さだったんです。それよろしくないんです。現在では記事のコンセプトを少しだけ改めて、

「昭和元禄落語心中が好きで、寄席ってどんな風なんだろう?」って思ってる人に向けた人のメッセージ配信になってます。

ブログ初心者が記事を書く時に特に大事にした方がいいことのまとめ

今回はブログ初心者が記事を書く時に特に大事にした方がいいこと3つを書かせていただきました。今後も情報発信を頑張っていきたいと思います。

*1:なんらかの理由で発表をとりやめる記事が出てくるかもしれませんが現時点で