KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

ダンジョン飯の単行本を手に取ろうか迷ってるあなたへ

スポンサーリンク

ダンジョン飯(単行本)が選ばれましたね

このマンガがすごいの対象の男性部門にダンジョン飯(単行本)が選ばれましたね。

【発売記念】『このマンガがすごい!2016』 第1位を特別発表!  |  このマンガがすごい!WEB

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

 

この記事では、ダンジョン飯の単行本を購入しようか迷っているあなたにネタバレなしにダンジョン飯のストーリー、読みどころについて解説できたらと思います。

ダンジョン飯(単行本)ってどんな話??

さてさて、ダンジョン飯についてです。

ざっくりとあらすじを説明すると、

「主人公のライオスは「ある目的」で節約しながらダンジョン奥深くのドラゴンを倒さなければならない。生活費でもっともかかるものは何か? 食費だ! もともとゲテモノを食べることにも興味のあった主人公はモンスターを倒し調理し食費を浮かせながら、ドラゴンを探す」って感じになると思います。

これだけでもう焼きたてのパンの香ばしさのような美味しそうな匂いがプンプンするでしょう???

ダンジョン飯(単行本)の魅力って??

 

ダンジョン飯(単行本)は漫画ジャンルでいうなれば、グルメマンガということになります。

ジャンルとしては、美味しんぼやら、食戟のソーマと同じになります。

ただね、マンガ読みなら、ノンジャンルの普通のグルメマンガはもうお腹一杯です。

そこで、例えば料理を限定して特別性を出す(将太の寿司とか、華麗なる食卓とか)、あるいはシチュエーションをものすごくニッチにしてみる(孤独のグルメ)などしてどう差別化を発揮するかっていうのが作者の腕の見せ所だったりするんです。

そこに来て、ダンジョン飯 (単行本)のシチュエーションの独自性溢れること。

食べる対象が「モンスター」ですよ、将太だって裸足で逃げますよ。

しかもね、そのモンスターの調理方法がすごいリアルなんです。

どんな風に捕獲してどんな風に食べられる形にするか?

それを作者の想像力を尽くして記載してくれるので、現実味のないシチュエーションもすんなり受け入れられてしまうんです。そこがこのマンガの魅力です。

ダンジョン飯(単行本)の魅力をもっともっと!!

ダンジョン飯 (単行本)って日本でしか生まれないマンガだと思うんです。

というのは前述した通り、グルメマンガのサンプルがたくさんあること、それに加えて、RPGについても日本人に馴染みが深いことが理由としてあげられます。

日本人なら、RPG3つあげろと言われたら、老若男女問わず割とサクサクと答えられるんじゃないかと思っているのですがいかがでしょうか?

ドラクエとか、FINAL FANTASYとか、MOTHER2とか)

また、それらをパロディーにしたものがコンテンツとして受け入れられているんですよね。(勇者ヨシヒコと魔王の城とか)

そんな文化の中で満を辞してダンジョン飯 (単行本)の登場です。

こんなん、受入れられないほうがおかしいでしょう。

だって、作者、九井諒子さんってすごい実績のある作家さんです。

これで面白くなかったら、日本人の目は節穴です。

発想にやられたってマンガは、聖☆おにいさん以来ですね。

それぐらいコロンブスのたまごだったんです。

ダンジョン飯 (単行本)の発想は。

ダンジョン飯(単行本)のまとめ

この記事ではダンジョン飯 (単行本)の魅力について語りました。

ダンジョン飯の単行本を手に取ろうか迷ってるあなた、ぜひ手に取られることを強くお勧めします。

今更ですが、「このマンガがすごい」ってなりますので。

ぜひご一読を。Kindleでも買えますよ!!

 

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)