KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

【悲劇】6万円の赤い革ジャケット買っちゃった

スポンサーリンク

お題「買って後悔したもの」

「買って後悔したもの」の概要

はじめて、はてなブログのお題スロットを使ってブログを書いてみることにしました。
買って後悔したものですか?
いろいろありますが、まず思い浮かんだのは、
6万円の赤い革ジャケットを購入したことですね。
その革ジャケットについて、本日は記載したいと思います。

6万円の赤い革ジャケットを買った経緯

あれは、そう、5年くらい前の池袋、
当時学生で、バイトもそこそこに奨学金まで入ってきて裕福だった私は、
マルイの服屋で迷っていました。

私は防寒具を購入しにマルイに行きました。
ジャケットは2-3万円もあれば十分でしょう?
ただ、当時の私はとんがっていました。
奨学金で毎月少なからぬお金が飛び込んできて、
セレブな気分でいっぱいでした。
そこに飛び込んできたのが、赤い革ジャケットです。
赤色は目を引きます。
デザインも悪くないです。
悪いのは値段です。
6万円もしたのです。
当然私は悩みます。
6万円のジャケットなど、
果たして購入したいのか?
そもそもこのジャケット、赤いぞ。
赤いのきたら、レンジャーものでセンターに立たなくちゃいけないじゃないか?
しかし、かっこいいぞ。
その様子に気づいてぐいぐい勧めてくるサル顔の店員さん。
肩周りが楽とか、
羊の革を使ってるから柔らかいとか。
しかし、なんだかんだで、
その日は店を離れることに成功しました。
ただね、心はそこに置き去りだったんですよ。

一週間後また店頭に行ってしまう私。
なんの因果か、またいたサル顔の店員さん。
やめてくれ、店員さんと赤い革ジャケットのツープラトン攻撃。
6万円の赤ジャケット、
そんな潤んだ目で僕を見ないでくれ。
惚れてしまうじゃないか?
しかし、目に飛び込んできたのは、
マルイセールの文字。
6万円の10パーセントオフはでかい。
ついに買っちゃいましたね。
赤いジャケット、
ほくほくのサル顔の店員さん。
お見送りのエスカレーターまでの道のりは優しかったです。

6万円の赤い革ジャケットを買ったあとの話

さて、赤い革ジャケットはその後、
何度かは着ました。
ただ、どこ着て行くにも羞恥心が上半身から滲むのです。
まず玄関をくぐるのが困難でした。
当時私は実家暮らしで、
普段はねずみ色のテーラージャケットを好んできてました。
そこから、赤の革ジャケットにチェンジ!
親はいろいろ勘ぐるでしょう。
その視線に耐えねばなりません。
また、私、当時通っていたのが、
理系の単科大学でした。
理系の単科大学といえば、
チェックのシャツの量産学生しかいないキャンパスです。
そんな中赤い革ジャケットきたらそりゃ、
観測の対象です。
どう言った神経系が私に赤い革ジャケットを買わせたのかを、
光るメガネで観察されてしまいます。
そして、外出するにしても革ジャケットですから、
雨を注意しなくてはなりません。
そんなわけで革ジャケットはクローゼットの肥やしになりました。

6万円の赤い革ジャケットを買ったことから得た教訓

この話から、
服は普段の自分とマッチしたものを買う、
また、挑戦するなら安い金額のものにするという、
二つの教訓を得ました。
皆様は私の二の舞にならないように気をつけて下さい。