読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

ブログを書き方に悩んだあなたに効くお薦めな書籍3選

書評

スポンサーリンク

ブログを書き方に悩んだあなたへ

お恥ずかしい話、

ブログの書き方に本気で悩んでしまって、

うっかり「ぺ」だけで、

1000文字埋めた記事を書くぐらいの状態でした。

そんな状態よろしくない。

アウトプットするならインプットじゃいってことで、

Kindleで買った書籍を引っ張り出して読んでみました。

そして、まとめて見ました。

その要点が同じような悩みを抱えた皆様の役に立てばと思い、

こちらの記事を書いています。

ぜひ皆様の参考になれば幸いです。

ブログの書き方に効く書籍1 

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意

  • 作者: コグレマサト,するぷ
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 8人 クリック: 533回
  • この商品を含むブログ (55件) を見る
 

 正直、ツールについての情報は古臭いです。

ただ、2章の「書き続けるためのスタイルを身につける」は今でもすごく役に立ちます。
こちらの書籍、要点を100個にまとめているのですが以下の章が非常に役立ちました。
09 思わず本文を読みたくなるフレーズをタイトルに加える
タイトルのインパクトすごい大事ですよね。
ただ釣りはだめ! っていうのは肝に銘じておきたいです。
 
10 記事の中で伝えたい要素は必ず1点だけに絞る
これ、日常生活でも言えることなのですが、
言いたいことをすっきり言える人のほうが素敵なんですよね。
これも自戒の念を込めて忘れないようにしたいと思います。
 
40 力を入れて書いたテーマの「 まとめ」記事を書く
確かに振り返りはすごく重要だなって思ってます。
振り返ってのアウトプットで自身をメタ的に理解できて読者にも優しい、
一石二鳥ですよね、この方法。
 

ブログの書き方に効く書籍2 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

 

ブロガーといえばちきりんっていうのが自分の中で刷り込まれてます、なぜか。

そんなちきりんさんがブログについて書かれた書籍です。

すごく戦略的にブログ作ってらっしゃるんですよね、ちきりんさん。

そんなちきりんさんの書籍の中で使えそうなところを紹介します。

15 ゴールの設定
うっかりするとブログは「日記」になりがちなのですが、
人に見られているからには情報を持ち帰って欲しいんですよね。
そのためには、どんな人に読んで欲しくてどんな情報を持ってかえって欲しいのかは考えなければならないですよね。
難しいですが、常に考えたいです。
 
30 いろんなマイルール
ルールを設けることは自身の軸を作るってことですよね。
ちきりんさんがこの節で書かれているルールに対してはまだまだ実行できる状態ではないですが、少なくともいくつかのマイルールは設けたいです。
(毎日更新するとか)
 
34 面白いエントリーから面白いブログへ
これはマクロにブログを考えるとすごく重要だなって思う考え方です。
確かに有益で連続的な情報を発信できることにブログの価値がありますよね。
このブログでは正直何が有益な情報かがわかってないので割と軸ブレしてます。
この情報もっと発信してくれっていうことがありましたら、
ぜひコメントください。
 

ブログの書き方に効く書籍3 

必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)

必ず書ける「3つが基本」の文章術 (幻冬舎新書)

 

ブログは何をするところかというと結局のところ、文章を残すところです。

写真だけなんて前衛すぎます。

そんなわけでブログの最小単位、文章のスキルを学ぶためにこちらの書籍を読んでみました。

文章術系の本、結構読んだのですが、その中でもオールタイムベストになるぐらい良かったです。

何と言っても必ず3つにまとまっているので、リズム感が生まれて印象にすごい残るんですよね。

具体的には以下の章のフレームが印象に残りました。

 

1-1 ①体験②気づき③普遍性

2-6 ①たとえ②真面目な冗談③なるほどの共感
 
また必ず書ける「3つが基本」の文章術は特別編の文章が面白いのでそちらもぜひ読んでみてください。

ブログを書き方に悩んだあなたへ

今回、ブログの書き方に関する書籍を3つ紹介させていただきました。

皆様の参考になれば幸いです。