読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて良かったこと3つ

スポンサーリンク

HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて本当に良かった!!!!

f:id:kimura511:20151208231637j:plain

(愛用しているヘルツのキーホルダー)

革製品は往々にして面倒です。
ちょっと高いわ、湿気に弱いわと、たまに使ってて小憎たらしくなるときもあります。
でもね、 革製品、例えば、HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて良かったなーと思うときも幾つかあるのです。
HERZ(ヘルツ)の革製品を良かったなーって思うこと、今回は3つ、紹介したいと思います。

HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて良かったこと1「趣味の合う人のリトマス紙になる」

革製品、特にHERZ(ヘルツ)の革製品は、
若干お値段張ります。
そして、値段張る割に、どうしたって見せびらかすアイテムではないです。
しかし、たまにわかってもらえる人に巡り会えます。
「その革、いい色してるね」って。
そんな人へのリトマス紙になる。
それがHERZ(ヘルツ)の革製品を使うことの良さ1です。

HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて良かったこと2「共通のアイテムを持った人同士で仲間意識が芽生える」

HERZ(ヘルツ)の革製品は地味とはいえ、独特の形状を持つカバンもあります。
そんなカバンを持っている人をみるだけで、
なんとなく仲間意識が芽生えます。
同じアイテムを持っている相手を見つけられて、それが嬉しくなる。
HERZ(ヘルツ)の革製品を使うことの良さ2です。

HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて良かったこと3「思い出がどんどん詰まっていく」

HERZ(ヘルツ)の革製品を持つことの最大の良さはこれですかね?
革製品の柔らかさ、味わいが全部その製品の中に残る。
これが良さです。
具体的に、例えば現在私はカバンを使っているのですが、
そのカバンのシミがすごいい味なのです。
取っ手の汚れとか、
あの子に握ってもらえたなとか、
そんな思い出が詰まってます。
他の布製品でできますか?
そんなのはできません。
革製品でも粗悪品では使い倒す前にボロボロになります。
だから、
HERZ(ヘルツ)なんです。
思い出を詰め込めるのはヘルツの革製品だけなのです。
HERZ(ヘルツ)の革製品を使うことの良さ3です。

HERZ(ヘルツ)の革製品を使う良さのまとめ

HERZ(ヘルツ)の革製品を使ってて良かったと思ったことは以下3つです

  • 趣味の合う人とのリトマス紙になる 共通のアイテムを持った人同士で仲間意識が芽生える 思い出がどんどん詰まっていく

本当にぜひHERZ(ヘルツ)の革製品を使ってみてください。