読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

【実録】シェアハウスで起こったトラブル「最低限のルール守ろうよ」

生活

スポンサーリンク


話題のシェアハウスに潜入取材、その実態に迫る!! - YouTube

シェアハウスで起こったトラブルをシェアハウスを3件ほど住み歩いた私が教えます

シェアハウスにトラブルはどうしたってつきものです。 だって、みんな他人ですもの、仲良くなろうとしたってどうしたってトラブルは起こってしまうのです。 そんなわけで今回は一番最初に住んだシェアハウスで起こったトラブルについて記載したいと思います。

概要

まず住んでいたシェアハウスについて記載しますね。 住所は都内、埼玉より。閑静な住宅街で、10人弱住んでました。 男女比は半々くらいで、ここの大家さんは親切でまず半年のお試し期間を設けてくださるんです。 そこで合わないなと思ったら、契約破棄で構わないと。 そんなシェアハウスに一人男性が引っ越しました。 彼がトラブルを起こしてしまいます。

何したの?

最初は住民たちと仲よかったんですよ、最初2日くらいは。 ただ、このシェアハウスで彼が入ってきてからある変化が起こります。 トイレに入るとたびたび流されていない状態になり始めたのです。 おおよそ、彼が原因だというのは明らかでした。 そのため、我々は彼にやんわりと注意しました。 どっこい、注意しても直らない。 このシェアハウスには情報共有用のノートもあったのです。 そこにも書かれたりしました。 どっこい、直らない。 一緒に住んでいた女性たちは、見つけた自身を「被害者」と呼びます。 気持ちはわかります。 結局その男性は似たようなことでたびたび注意されて、居場所がなくなってしまい、 半年後、このシェアハウスを立ち去ることになりました。

まとめ

シェアハウスはみんなの住むところです。 それゆえに共有スペースも一人暮らしよりも多いです。 そのため、共有するポイントではキチンとマナーを守ることが大事です。 シェアハウスに住むことをご検討の方はぜひその点、意識してみてください。

東京シェア生活

東京シェア生活