KIMBLO

web関係の仕事についている漫画好きのキムラさんが役に立つ情報を発信します。

「はじめに」の書き方(ちきりん、暇な女子大生、加藤はいねは最初に何を書いたのか?)

スポンサーリンク

はじめに(仮)

 お恥ずかしい話、私はそこそこいい年齢の大人で、だから知識もそこそこにあって、ブログ記事でそれを衒学的に披露してやろうなんて考えたのに、肝心な知識、つまり、「はじめに」の書き方についての知識が欠落していました。

そこで本記事では有名なブロガーさんたちが最初に何を書いたのかを調べてまとめてみることにしました。

「はじめに」を書くにあたって調べてみた

調べた対象はだれ?

 以下3人です。

  • ちきりんさん
  • 暇な女子大生さん
  • 加藤はいねさん

 

なんでこの3人なの?

ブロガーについてとかく知識のない私でも知っていた3名だからです、換言するならば適当です。

調べた結果

ちきりんさんの最初にブログ

タイトル:ホリエモン vs フジテレビ

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20050305

感想:
こちらの書籍に詳しいのですが、あまり人目に見られるつもりもないままに書き出したようです。キラーフレーズ「そんじゃーね」もないですね。ただこのころから熱量や基本スタンスが変わらないのはすごいことです。
暇な女子大生さんの最初のブログ

タイトル:暇だから生理用品の批評をやってみる

感想:
 いきなりお題が女子大生が生理用品のレビューするというあざとさ。検索で未だにごりごり引っかかってる気がするのですがどうなんでしょうね?
 ブログテーマが「知的好奇心」というブログ名、「大学生」ってついてんだからもっと知的なことたくさんあるでしょう?
 そして、

こんばんは。暇な女子大生です。

 

女子につき物の月のものといえば(まぎらわしいですね)生理です。正式には月経と呼びます

  といきなり生理についての説明から入るのは虚を突かれました。流石です。
 
加藤はいねさんの最初のブログ

タイトル:自転車泥棒

 
感想:
芽生えというか、若さを感じます。
シチュエーションは面白いのだけれど、まだ、キレを感じさせない処女ネタもそんなに前面に押し出してるわけでもない。

「地獄坂」を下りよう。超近道。ネーミングは悪いけど、私のために天国坂になってね。 

 とか今のはいねならもう再読5回しても笑えるくらいのネタに仕上げてくる。このころのはいねさんはいまも処女のはいねさんを見てどう思うんでしょ? なんかまだブログ処女なおぼこい発言をしそうな気がします。

はじめに

 3名のブロガーさんたちの記事を見て思ったのが最初から文章が皆さん上手でびっくりしたということです。そして、別に「はじめに」を意識していたわけではなさそうです。そんなわけで今回は気にしまくりの本記事でしたが今後はきちんと「はじめに」を意識せずに記載したいと思います。